agaの治療にかかった費用は医療費控除の対象になるのか?

AGA治療はプロペシアやミノキシジルと言った医薬品を使用して行う方法以外にも、HARG療法と呼ばれている成長因子や育毛効果を持つビタミン剤を混ぜ合わせたHARGカクテルを注入する方法などがありますが、いずれも容姿を美化させる、容貌を変えると言った治療になるため、保険適用がありません。
保険が適用されないと言う事は、治療にかかる費用は全額患者さんが負担をしなければならないのです。
しかし、治療にかかる費用や通院のための交通費、常備薬などの購入に掛かった費用は医療費控除の対象になり、治療や医薬品の購入を行った翌年に確定申告を行えば、所得税の一部が戻ると言ったメリットがあります。
そのため、agaの治療にかかる費用についても保険が適用されない分。医療費控除で税金の還付を受けられるのではないだろうかと思う人も多いようです。
しかし、aga治療と言うのは髪の毛を生やす、容姿を美化させる事や容貌を変えるのと同じ意味合いになるため、医療費控除の対象から外れると言われています。
そのため、aga治療にかかる費用は全額自己負担となり、控除を受ける事も出来ないのです。
agaと言うのは脱毛症でもあり、髪の毛が抜け落ちる頻度が多くなるため、そのまま放置してしまうと髪の毛すべてが抜けてしまう恐れがありますが、治療を受けると言う事は薄毛の症状を元の状態に戻すと言った、容姿に関わる施術になるため、控除の対象外になっているのですね。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.